【得意分野】髪質改善とショートヘアに自信がある理由

ちょっと自分語りしてみたいと思います。

良ければお付き合い下さい。

自分は新入社員として入社した最初のサロンではメンズとレディースが1:1ぐらいのサロンでして、どちらかというとメンズのカットが得意でした。

スタイリストデビューしたてでは、女性のお悩みに対する提案の引き出しが少なく、スタイルの提案も狭かったからです。

同性の気持ちのほうが分かりやすいですしね。

そこから経験を積んである程度のスタイル幅が広がるのですが、それだけでは何の変哲もない普通の美容師ですね。

元々独立する為に都会の方で経験を積みたいな〜という感じで神奈川の東京寄りの美容室に就職したわけなんですが、このまま独立したところでなんの強みもないな〜、って考えたんですね。

それで、美容業界の時代の流れ的に、クリエイティブデザインや、ブリーチカラー、パーマ、ウルフ、ショート、髪質改善などなど、特化サロンや特化美容師が徐々に増えてきました。

それなら何かの特化美容師になろう!と。

じゃあ、何が自分にとって興味あるかな〜って考えた時に以前から(女性のショートヘア可愛いな〜.こんな可愛いスタイル作れるようになりたいな)と思っていましたので。

それならショートヘア特化を目指してみよう!と思い立ったわけです。

そこからショートヘア講習をたくさん受けたり、上手い人のショートを分析したりして、少しずつレベルが上がっていきました。

ショートヘアって似合わせ・毛先の質感・骨格補正・癖の出方などなど考えないといけないところが多くて奥が深いんです。

おかげで、ショートで喜んでくださるお客様が以前と比べて増えまして大変嬉しくおもいます。

月日が経ち、ショートヘアだけではちょっと強みに欠けるかな〜と感じてきます。

なら次に何を学びたいかと考えた時に、元々細かいことが好きで成分とか気にするタイプでした。

自分の得意分野で困っている人の役に立てること。

ケミカルが好きなら今度は髪質改善を追求してみよう!と思い立ったわけです。

それに、ショートヘアでも癖やピンピンの矯正によって綺麗にスタイリングできない場合がありました。

お家での再現性にも関わってくるわけで、髪質が良くなればそれだけデザインのクオリティが高くなります。

全て連動してるんですね。

実際、自分の髪質に満足していない人はとても多くいると感じます。

自分の好きなことでお悩みを解消してもらえるなら凄い嬉しいことですし、それは自分の価値になります。

なので今は、可愛いショートヘアにしたい方と綺麗な髪質に憧れる方にとって、代わりがいないような美容師を目指しています。

まだまだ道半ばなので、思い通りにいかないこともたくさんあるかもしれませんが、必ず綺麗にさせて頂きますのでよろしくお願い致します🫧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次