【応急処置】髪の毛が大ダメージを負ってしまった場合の髪質改善【ホームケア】

目次

改善はできても治すことは不可能

まず前提として、残念ですがどんなヘアケア剤を使用したとしても現状より改善はしますが艶々サラサラに治ることは絶対にないです。

どんな美容室にいこうがどんな美容師でも不可能なことです。

ただしある程度改善はできます。

少しでも最善を尽くしたいとお悩みの方はぜひお読みください。⇩


施術で何とかなるレベルを超えてしまった場合のダメージは、毎日のホームケアで効果的なアイテムを使用して髪の毛を強化させます。

過度のダメージによる髪の毛の状態とは、どうなっているのか。

毛髪の組織が流れ出てしまって内部がスカスカ。

髪の芯はまるでなく溶解している。

キューティクルもはがれぼろぼろ。

熱や薬剤によりタンパク質の変性・凝縮が起こり歪に変形。

強度がなく断毛、枝毛に。

こんな状態になってしまってるわけですね。

ここまで進んでしまった状態は、濡らせば櫛なんか全然通らない状態でしょう。

通常のトリートメントで良くなる限界を超えてしまってます。

美容室でトリートメントをすれば一時は改善しますが、シャンプーをするたびに元に戻っていきます。

だからといって何度も何度も通えないですよね。

効果が高いヘアケア剤を使用したホームケアを毎日してあげることが最善といえます。

大ダメージを負ってしまった毛髪のトリートメント方法

まず基本として、活性ケラチンシャンプーで数分放置して内部に活性ケラチンを補充します。

次にインナーボンドを傷んでる部位に塗り、5分~10分放置させて毛髪を強化させます。

流したら髪の毛が少し硬くなってる状態だと思うので、活性ケラチントリートメントを塗布して流します。

お風呂から出たらマレインボンドを毛先中心に塗布。髪の毛が硬くなりハリがでます。

アウトバストリートメントを全体に馴染ませ乾かします。サラサラへと質感の逆転が起きます。

※それぞれ付けた後、ブラシや櫛でコーミングをしっかり行なってください。

トリートメントは時間を置けば置くほど浸透します。

全体を乾かしたら、毛先をブラシを使ってとても優しくブローをします。

低温アイロン100〜120度で優しくストレートアイロンを通せると好ましいです。


傷んでいる部分を切らずにどうしてもなんとかしたいって方向けの効果の高い応急処置になります

なってしまったものは取り返しがつきませんが、かなり改善します。

困ってしまった時はご相談ください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次