【後悔をしないために】信用を間違えてはいけない

皆さんはこの人の言うことなら信じれるという人はいますか?

そこまで信頼関係が築けているというのは大変素晴らしく、またその方は大変聡明で立派な方か大変お世話になった方のどちらかでしょう。

そんな方ならまだいいのですが、身近にいる親切な方、知り合い、優しい営業さん、メディアを信用していませんか?

本当に信用に値するのでしょうか

もしそうであるならこの世に詐欺は起きないですよね。

また、騙す気はなかったとしても結果そうなってしまってる可能性だってあります。

ことビジネスにおいて、信用というのは取引において必須条件なんですが、この人のいうことなら信じるというのは盲目的というか危険だとおもうんです。

これは経験してきたからなのですが、もちろん取引相手はビジネスのためなら親切になって当たり前です。

人当たりが良くて当たり前。

もちろん長くお付き合いしていく上でとても大事ですが、完璧な人なんていません。

間違っていても何らおかしくないはずです。

信用というのは一方的であり、思考を放棄しているんじゃないかとおもうんですね。

ある時、親切な営業さんはこの新しいカラー剤は傷まずに髪の毛が綺麗になりますよ!とにこにこ言うわけです。

スタッフの皆んなでカラーモデルをし、結果艶がでてサラサラになりこれは良いねと採用します。

しかし、お客様がリターンして気付くんです。

あれ?髪の毛めっちゃ明るく抜けてるしばさばさじゃんと。

営業さんは知らなかったことかもしれないし、研修でそう売り出せと言われただけに過ぎないかもしれません。

あるオンラインセミナーで、有名な美容師さんがこの縮毛矯正は傷ませないで伸ばせると自信満々に披露します。

その時は分からなかったですが、今は分かります。

なんだこの酷い内容はと。。。

知識の偏った有名な美容師が、なんちゃって自分理論で間違った施術方法を広めていく。

世界を美しく変える。と耳障りのいい言葉を吐いて、大した成分でもないものを高額で販売。

これがまかり通ってしまう業界なんですね。

有名で、発言力がありユーモアもある、カリスマ性なんですかね。

それで、それっぽいことを言えばこの人すげ〜と周りは思って担ぎあげてしまうわけです。

簡単に信じてしまったばっかりに、間違った施術方法が広まり、矯正で失敗されてる方が多くいます。

これは美容師さんたちがインスタで失敗された矯正のやり直し投稿を多くあげていることから分かります。

この先もそういった事例は必ず起きると思います。

”この人の言うことを信じる”というのは独りよがりなのでは?ただの無責任ではないのか?

少し間違えれば、人生を狂わしてしまうとても危険な思考なんじゃないかなと思うんですね。

自分は尊敬する人はいますが、尊敬した人の言ってることが全て正しいとは信じていません。

それはそれ、これはこれです。

自分が信じることは自分自身の判断で信じれると決めた情報だけです。

騙されてたとしても誰かのせいではなく全部自分の責任であり、信じるということは【自分の決断を信じる】ということなんです。

だからケミカルの基礎、原理を学ぶんです。

信用できるのか判断するために。

全てのことの本質は近しいと思ってます。

この考えは仕事以外にも、人間関係や政治、宗教、世の中を少しでも良くするに必要なんじゃないかなと。

とても単純な当たり前の事かもしれないですが、物事は分けて考えるべきですね。

信じるという行為は他に向けてではなく、自分の判断を信じるということ。

他に責任を押し付けては駄目なんです。

他にも宗教もありますね。

サロンでは宗教や政治系のお話しは基本ご法度なのでしませんが。

他の自由を侵さなければ信仰の自由は保証されて当然だと思っています。

ですが、今話題の統一しかり他の自由を縛り不幸な人を生み出してしまうものにはどうしても懐疑的な目を向けてしまいます。

被害者の生々しい実体験の会見を見ました。

カルトの恐ろしさを知り、洗脳の怖さを知りました。

それでもいつか風化してしまうであろう恐ろしさ。

何か解決したのか?何故こんなにも不透明なのか。被害者や弁護団がいるのになぜ?政府は一体何をしている?不信感は募るばかり。

信用するためには色々なことを知らなければ自分で判断できないわけです。

メディアやネットには偏向報道やフェイクも多いと思いますが、踊らさせることなく信用できる情報源を見つけ、多角的な視点を持つことが大切だと思います。

何事も柔軟性が大事ですね。

思い込みや早計な判断を自分がしてるかもしれないですから。

結果、周りに迷惑をかけて自分の首を絞めてることにすら気づかないかもしれません。

自分は無宗教なのですが、宗教とか信者に対して偏見や差別的な思想は全くありません。

偶然か必然か、信じることで救われることもあるはずです。

自分だけで済む範囲内なら構わないですが、家族含め周りの人達のことを考えれるとより良い国、良い人生になっていくんじゃないでしょうか。

そう自分への戒めも込めて、記事にしてみました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次